外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

塗装業者の施工体制

塗装業者の施工体制は

  • 元請け
  • 下請け
  • 孫請け

と重層構造となっている場合があります。もちろん、自社施工・自社職人の業者もあります。

 

塗装を専門とする業者であれば、自社施工・自社職人の業者が多いでしょう。
一方で建設やリフォームといった、もっと広い業務を請負業者の中には塗装施工を外注していることも多いのです。

 

専門業者と大手業者

下請けに施工させる大手業者には外壁塗装を頼まない方が良いのでしょうか。

下請けに施工させることは違法行為ではありません。一部では、下請け業者を使うことが悪いことのように書かれている記事も見ますが私は間違いだと考えます。

 

自社施工・自社職人で実績もあり、高い技術を持つ業者が工事を行う場合、直接請負と大手リフォーム業者からの下請けで施工する場合でどちらが安く、品質が高くなると思いますか。

実は正解はありません。

直接請け負う場合は中間マージンが不要となるため同じ内容なら安く請負こともできるでしょう。独自で営業も行う必要があり営業経費が必要です。その分、見積もりは高くなるのは当然。

また、
営業力のある大手リフォーム会社の下請けとなる場合、個別の営業経費を掛けずに多くの仕事を請け負うことができるので、大手からは安く請負うことは合理的でもあるのです。

品質は?
自社の名前を背負い直接 お客様と契約するのですから、やる気は出ます。高い品質で仕上げようとするのが一般的な感覚でしょう。ですが、会社としてはおそらく一見さんである個別客と定期的に仕事を回してくれる大手リフォーム業者。どちらの仕事を重視しますか。

こう考えると、
元請けだから、下請けだからとか
自社施工だから、自社職人だからとか
それが品質や価格を決定づける要因にはならないのです。

 

見積もり先で重視すべきは実績

結局、どこに見積もりをとるのが一番よいのか。
私は実績をもっとも重視します。

ただただ 価格を下げるだけでなく、しっかりとした仕事をする職人をかかえ、その報酬を払える金額で仕事を請け負い、実績を積み上げた会社が最も品質を価格のバランスのとれた業者さんです。

それは大手業者でも同じ。しっかりとした仕事をする下請け業者を見定め、継続的に仕事を請け負ってくれるだけの報酬を支払い、総合的な品質を管理する。そういった業者だからこと実績を積むことができると考えます。

 

契約するときは、自分だけが特別に割安な価格で契約できるとは考えないことがリスクのない契約の第一歩。安さだけを求めると数年でひび割れるような施工をする業者につかまってしまうかもしれませんよ。

 

実績重視の見積もりをとるなら、紹介している中ではコチラの一括見積もりサイトがおすすめです。

コンシェルジュがご案内

 

単なる見積もり徴収だけでなく、相談に乗ってくれる見積もりサイト。「実績○年以上」など条件をつけた見積もり先の選定など相談してみてください。

 

管理人の紹介

コンドーです♪

一級建築士で設計事務所に勤めています。実家の外壁塗装の際に一般の人は苦労するなぁ。と感じたので騙されない、失敗しない外壁塗装を安くする見積り術をまとめておきました。

 

簡単入力 すぐ見積り

 

スグに概算が知りたい!

 

コンシェルジュがご案内

 

生協の安心感♪

© 2018 外壁塗装を安くする見積術 rss