外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 見積書のチェックポイント

外壁塗装の見積書は一括見積もりサイトを活用すると簡単に取ることができます。で、出てきた見積書の何を見れば良いのか?

外壁塗装の見積書のチェックポイントがコチラ

 

1.総額を見る

何社かの見積が出揃ったら、まずは総額の比較です。総額がいわゆる支払うべき金額の合計となります。消費税の侮れません。高額な契約になるので消費税だけでも数万円になってしまうのですよ。
著しく高い業者はこの段階で省いて良いでしょう。交渉しても最安値になる可能性はありませんし、なったとしても品質が心配です。

 

2.見積条件を確認する

ここは各社でバラツキが大きいのでよくよくチェックが必要です。見積書の最初が最後あたりに小さい文字で書かれています。チェックポイントは「別途」の文字。本来契約に入れたつもりの内容が除外されていることもしばしば。契約して工事が始まってから「それば別途です。工事をするなら別に費用がかかります」と言われてしまいます。常識的な範囲かどうかは各社の見積に書かれた条件を比較すればみえてきますよ。

 

3.内訳をちゃんとかいているか

「一式」がやたらと多いのは要注意。見積内訳書は大項目、中項目、細項目と段階的に記載されています。中項目までしかない内訳とか、細項目があっても数量が「一式」となったものが多いのは どんぶり勘定の証拠。いくら安くても、後から「それは一式には含まれていません」などと言われるリスクを伴います。素人向けに分かりやすく省略している場合もありますので、他社と比較できるレベルに合わせて記載いただくよう要望してください。快く受け入れてくれない場合は選択から除外した方が良いでしょう。

 

4.使用材料は適正か

これは見積書を観ただけではわからない場合が多いです。例えばシリコン系の塗料を指定して見積を依頼しても、内訳書には商品名で書かれていたりします。特に材料や工法をしていした場合は、見積内訳書に種別を明記してもらうよう依頼してください。そうすれば業者も誤魔化しようがありません。

 

ときかく疑問に感じたら、そのままにせず納得するまで必ず確認するのが後悔しない契約の方法です。専門知識がなく記載された事項の意味が理解できない場合は見積一括サイトの相談員に相談してみてください。塗装業者とは第三者の関係にありますので親身になって応えてくれるはずです。

 

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

管理人の紹介

コンドーです♪

一級建築士で設計事務所に勤めています。実家の外壁塗装の際に一般の人は苦労するなぁ。と感じたので騙されない、失敗しない外壁塗装を安くする見積り術をまとめておきました。

 

簡単入力 すぐ見積り

 

スグに概算が知りたい!

 

コンシェルジュがご案内

 

生協の安心感♪

© 2018 外壁を安くする見積術 rss